当会員 一般社団法人 東松島みらいとし機構(HOPE)とアサヒグループの協働プロジェクト「希望の大麦」使用商品について

クリアアサヒブランドの新商品『クリアアサヒ とれたての贅沢』が2017年11月21日~12月まで東北エリア限定にて販売されています。『クリアアサヒ とれたての贅沢』は宮城県東松島市で栽培された「希望の大麦」を一部使用。「希望の大麦」は一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)とアサヒグループの協働プロジェクト「希望の大麦プロジェクト」によって誕生しました。

 ●『クリアアサヒ とれたての贅沢』:ホップの華やかな香りと、大麦の芳醇な味わいが特長で、豊かな味わいをお楽しみいただけます。商品の製造地は、東北の福島工場。売上1本につき1円を、東北地方における復興支援の取り組みに役立てられます。http://www.asahibeer.co.jp/news/2017/1026_1.html

 ●「希望の大麦プロジェクト」:一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)とアサヒグループの協働プロジェクト。東松島市の被災した土地で栽培した「大麦」を通じて、地域に「なりわい」と「にぎわい」を創出することを目指してる。http://www.asahigroup-holdings.com/csr/topics/06-barleyofhope.html

・関連記事1:http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2017/11/20171122t13004.htm

・関連記事2:https://r.nikkei.com/article/DGXLRSP461569_W7A021C1000000

・関連記事3:http://www.asahi.com/articles/ASKCP34BDKCPUNHB004.html

・関連記事4:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171121_72027.html

 

また「希望の大麦」を使用した地ビール『GRAND HOPE(グランドホープ)』も人気。2016年2月初旬から3000本の限定で市内3カ所で販売していたが、予想以上の反響で、2016年4月後半に再販売されている。

 ●『GRAND HOPE(グランドホープ)』:アルコール5%の瓶330ミリリットル。船形山麓の清らかな氷河水を使用。柑橘(かんきつ)ラガータイプで、飲みやすいビール。パッケージのデザインは東松島市矢本河戸、デザイナー大橋諒さんが担当。東松島の自然豊かな海・空・山にブルーインパルスを加え、そこで育つ大麦を表現した。商品名の『GRAND HOPE』は震災からの創造的復興を目指す人々の思いを込められている。http://ishinomaki.kahoku.co.jp/news/2016/03/20160304t13004.htm